カードローンの気になる審査基準

MENU

カードローンの審査基準は分かりません

カードローンを申し込む際には必ず審査が行われます。申し込んできた人がちゃんと返せるかどうかを、カードローン会社が判断するんですね。

 

判断材料となるのは申し込んできた人が入力したデータ(氏名や住所、年収など)を参考のうえ、個人信用情報などを確認して審査することになります。

 

審査基準は非公開なので詳しいことは誰にも分かりません。カードローン会社によっても審査の基準はことなるので、あっちの会社がダメで、こっちの会社は大丈夫だったなんていうことも良くあることです。

 

ただ絶対に審査にとおらない基準というものもあります。まず分かりやすいところでいえば年齢です。一般のカードローンの場合は20歳〜69歳までとなっています。未成年や70歳以上の方は断られてしまいます。ちなみにすでにカードローンを持っていても69歳を過ぎると新規の融資は行えなくなってしまいます。

 

また信用情報にキズのある方は審査基準に引っかかるためまずカードローンを契約することはできないでしょう。信用情報に傷があるというのは、過去に自己破産や任意整理をしたことがある方です。また過度の遅延支払いも信用情報にキズが付いている可能性があるのでカードローンの申込みは難しいです。

 

普通に暮らしていれば信用情報に傷がつくようなことはないでしょうが、気になる方は審査の前に信用情報のチェックをしておくといいかもしれませんね。CICやJICCといった信用情報機関でチェックしておくといいかもしれません。