カードローンの返済が遅れたら

MENU

借りたら返すが鉄則です

借りたお金は期日どおりしっかり返さなければいけません。自分に置き換えてみても、お金を貸した友人が期日になっても連絡一つせずに返済に遅れたら気分が悪くなりますよね。

 

カードローン会社も同じで返済が遅れると、『このお客さんは信用できない』となって使用の一時停止や融資枠の減額などの処置を取られてしまいます。1日忘れていたぐらいなら連絡しておけばお咎め無しの注意程度で済む可能性もありますが、数日遅れればペナルティは避けられないでしょう。継続利用できればいい方で、強制解約の可能性だって十分に考えられます。

 

強制解約になると間違いなく信用情報に記録されます。全額返済が完了しても信用情報の記録は最低でも数年間は残ってしまうでしょう。

 

「数年たてばまたカードローン作れるんじゃ?」と思いましたか?もちろん信用情報が綺麗になればカードローンをつくることはできるかもしれません。ただし、強制的に解約になるぐらいの関係となってしまった以前のカードローン会社ではまず一生カードを作ることはできないでしょう。それぐらい返済の遅れは重大なんです。

 

万が一どうしても遅れてしまうというときは必ず事前に連絡を入れておきましょう。カードローン会社も鬼じゃありませんので対応方法を教えてくれますし、いきなり解約!なんてこともありません。お金の貸し借りは信用がなりたつうえでの取引です。

 

返済が遅れそうならまず連絡を入れることが大切なんですね。