カードローンとフリーローンの違い

MENU

カードローンとフリーローンは全く別物

カードローンと似たような響きでフリーローンというものがあります。

 

フリーローンでネット検索してみるとカードローンと同じ意味で使っているサイトがチラホラあるのですが、カードローンとフリーローンは全くの別物になるので注意が必要です。

 

まずカードローンというのは申し込みをした人に融資枠が設定されます。

 

例えばAさんには30万円の融資枠が認められたとします。するとAさんは30万円の枠内で自由にお金を借りることができます。当然定期的な返済は必要です。

 

30万円の枠の中からAさんが20万円借りたとします。残り可能枠は10万円です。また2万円借りました。残り可能枠8万円です。そこで10万円返済しました。残り可能枠18万円です。次は5万円借りました。残り13万円です…といった具合に自分の都合に合わせて枠内でやりくりできるのがカードローンです。

 

一方フリーローンはお金を借りるために目的が必要です。たとえば、家具がほしいとか、家電がほしいとかいったときに一括じゃどうしても買えません。しかし買おうとしているお店にはローンのシステムがなかったり、金利が高かったりするときがあります。こういったときにフリーローンを利用して分割購入することができるワケなんです。

 

フリーローンを利用するためにはそういった目的や物品が必要で、申し込みのときには注文書や契約書が必ず必要です。つまりフリーローンは自動車ローンなどに似ているローンの方法なんです。

 

そのためフリーローンは返していっても枠といった概念がないため、そこからまた借りるといったことはできません。

 

カードローンとフリーローンの違い分かっていただけましたでしょうか?ローンは使用方法によって人生を豊かにすることができます。計画的に利用して楽しい人生を送りましょう。